『世界一やさしいブログの教科書1年生』(染谷昌利)を読んだ感想:継続は力なり

 この本は、ホームルーム、1時限目、2時限目・・・5時限目と6つの章(+はじめに、おわりに)で構成されています。

 このうち、2時限目はブログで一定の成功をされた16名の方の体験談です。

 この体験談を読むだけでも読む価値があるとのレビューを見て買うことにしました。

 読んでみて確かにそう思いました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

どんな本か

 2016年8月31日に初版第1刷が発行された本です。

 著者は『ブログ飯』を書いた染谷昌利さんです。

 私は『ブログ飯』も読みましたが、著者に対しては誠実な方だなという印象があります。

 そんな印象もこの本の購入を後押しした気がします。

 ちなみに『ブログ飯』は染谷さんの奥様が書かれたあとがきも面白いです。

 さて、この本『世界一やさしいブログの教科書1年生』は、教科書を名乗るだけあって、まさに教科書的な本だと思いました。

 ブログ運営に関する基礎的なことが書かれていて、さらに深く学びたい場合には関連書籍やサイトが紹介されています。

 ただ、2時限目の「先輩ブロガーの成功パターンを学ぼう」だけは、ちょっと色合いが違う気がしました。

 そしてこの2時限目が面白かったです。

 先述の通り、2時限目は16名のブロガーが自身の体験談・考え方等を述べています。

 各ブロガーの皆さんは次の決まった構成に従って書いています。

1「〇〇(ブログ名)」について

2ブログ運営で気をつけていること

3ブログをはじめて、実社会での変化

4ブログから収入を得る方法

5これからブログをはじめたい人に向けてのメッセージ

 この記事ではこの2時限目に焦点を絞り感想を書きます。

感想

1.「誰かを非難したり、不快にさせたりする記事は書かないように心がける」に共感

 「2ブログ運営で気を付けていること」で多くの方が言及されていました。

 これは意外でした。

 一定の成功をする方は「とんがった主張をして一部の人に嫌われる代わりに熱烈なファンも増やす」的な考えの方が多いのかなと勝手に想像していましたが、そうではありませんでした。

 私の場合、匿名であることをいいことに、過去には自分的に少し攻撃的だと思う記事も書いていました。

 しかしながら、最近は少し考え方が変わってきていて、匿名であっても非難的な記事はあまりよろしくないなと考えています。

 そんなわけで、自分的に攻撃的だなと思う過去記事は一部修正したりもしています(まだ一部残っていますが)。

 私がスゴイ人間だと思っているゴータマ・ブッダ先生は次のように語っています。

人が生まれたときには、実に口の中に斧が生じている。

愚者は悪口を言って、その斧によって自分を斬り割くのである。

(スッタニパータ)

 ブログを書いている以上、意図せず読者を不快にさせてしまうことは避けられないと思います。

 なぜなら、ブログを書くことはすなわち何らかの主張をすることであるからです。

 世の中の人には様々な考えがあり、様々な主張があります。

 そうである以上、私の主張が誰かの主張と正反対であることは起きうるわけで、その場合、その人は不快になることもあるでしょう。

 ただし、自分が何らかの主張をする際に、それがただの悪口だったり、必要以上に攻撃的であったり、必要以上に誰かを貶めたりする必要はありません。

 その辺は心がけ次第でなくすことができると思います。

 そういう意味で「誰かを非難したり、不快にさせたりする記事は書かないように心がける」には大変共感できます。

2.「継続は力なりの大きさ」に励まされた

 「5これからブログをはじめたい人に向けてのメッセージ」では、多くの方が「継続は力なり」に言及されていました。

 これには励まされました。

 

 私は最近(2017年2月8日)無料ブログからワードプレスに引越しました。

 旧ブログでは2016年5月1日に初投稿していますから9か月ちょっとでこの新ブログに引っ越しています。

 この9か月の時間は大きくて、やっと旧ブログが育ってきたなというところで新ブログに引っ越しました。

 旧ブログでは右肩上がりにPVが伸びていました。

 しかしながら、いつしか長期的にブログを続けたいと思うようになり、そうであれば独自ドメインでワードプレスでやった方がいいと頭の片隅で思い続けていました。

 そうであればどこかで引越しを決断しなければなりませんから、新ブログに引っ越したこと自体は何も後悔はありません

 むしろ9か月程度で引っ越しの決断をできてよかったとすら思っています。

 しかし、そうは言っても、この記事を執筆している時点で引っ越して1か月以上経っているわけですが、検索流入が激減しています。

 右肩上がりだったPVもガクンと下がりました。

 自分の引越しの判断は正しいと思いつつも、いざPVの減少を目の前にすると悟りを開いているわけでもない私としてはやはりがっかりします。

 ワードプレスはしばらく検索流入に苦戦するという情報は予め知っていましたが、それでも数字としてPVの減少を目の当たりにするとがっかりします。なんと近視眼的なことでしょう。

 そんななか、「継続は力なり」との先輩ブロガーの皆さんの言葉には大変励まされました。

 「継続は力なり」のパワーを信じ、これからもこの新ブログで愚直に更新を続けていきます。

   2時限目には一定の成功をされた先輩ブロガーの考え方や姿勢、体験談が詰まっていました。

   特に2時限目はページの端をたくさん折り、線を引きながら読みました。

 おわり。

この本の感想を書きました↓

同じ著者の本『ブログ飯』↓

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事