スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

【2017年3月場所6日目】豪栄道休場!稀勢の里、髙安勝ちっぱなし6連勝!鶴竜2敗目!

 豪栄道が今日6日目から休場となりました。

 先場所痛めた右足首がやはりだめだったのでしょうか。

 その影響で場所前の稽古も十分ではなかったようで無理がたたった形となりました。

 診断名は「右足関節外側じん帯損傷」とのことです。

 約5週間の加療が必要とのことです。

 豪栄道は今場所初日こそ勝ったものの、その後番付が下の相手に対し4連敗で1勝4敗の成績でした。

 豪栄道は来場所5度目の角番(負け越したら関脇に陥落)となります。  

 それでは、2017年(平成29年)3月場所(大阪場所)6日目の三役以上の勝敗を見ていきます。

 この表の通り、新横綱稀勢の里と髙安が6連勝勝ちっぱなしとなりました。

 鶴竜は2敗目です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

三役以上についての一言コメント

【白鵬】

 5日目より休場

【鶴竜】(VS松鳳山)

 1回目松鳳山のフライングで立ち合い成立せず。

 2度目の立ち合いで松鳳山がつっぱりで一気に土俵際まで鶴竜を追い込む。

 鶴竜はつっぱりながら土俵を回りつつ残るも、その後引くような悪い形となってしまい自滅。

 まぁ自滅とは言え、松鳳山の立ち合いの良さが鶴竜を自滅に追い込んだ格好。

 松鳳山は今場所初の白星が金星(通算4つ目)。

 鶴竜4勝2敗。

 

【日馬富士】(VS嘉風)

 立ち合い両者頭からぶつかった後、離れて相撲をとる。

 日馬富士の左足が滑りこれまでかと思いきや、その滑った影響で日馬富士が後ろに下がり、これにより両者の間隔が開き嘉風が前に倒れる。

 日馬富士これで4勝2敗。

【稀勢の里】(VS宝富士)

 稀勢の里得意の左四つの形で盤石の相撲。

 完璧。

 問題なしの6連勝。

【豪栄道】VS【玉鷲】

 冒頭の通り豪栄道休場により玉鷲不戦勝。

 玉鷲はこれで4勝2敗。

 尚、玉鷲は先場所までのような必殺技の豪快なのど輪で一気に持っていく相撲が見られていないのが少し残念です。

 警戒されているせいもあるのでしょうか。

【照ノ富士】VS【髙安】

 ここまで5連勝で好調同士の楽しみな対戦。

 しかし結果は髙安の圧勝!

 立ち合いから髙安が一気に前に出て照ノ富士に何もさせませんでした。

 髙安覚醒している感じがします。

 ものすごく強い。

 6連勝負けなしです。

 田子ノ浦部屋すごい。

 照ノ富士は5勝1敗。

 照ノ富士はこれで調子が狂わないといいのですが・・・。

【琴奨菊】VS【御嶽海】

 ここ2場所は御嶽海が勝っています。

 立ち合いから左四つの形になり、最後は琴奨菊が右も差してもろ差しの形で寄り切り。

 琴奨菊はこれで4勝2敗。

 御嶽海は3勝3敗。

【正代】(VS豪風)

 立ち合いから一気に行って倒れ込みながら豪風を押し出す。

 正代はこれで3勝3敗。

6日目時点1敗以下力士

 全勝:稀勢の里、髙安、栃煌山

 1敗:照ノ富士、宝富士、千代翔馬

 7日目につづく↓

2017年(平成29年)3月場所(大阪場所)7日目の三役以上についてのコメント&北の富士勝昭さんのコメントピックアップ。

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事