スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

散歩というしょぼい手段で2.5ヶ月で-3.2kgと減量が順調に進んでいる3つの理由

 私は年初に毎日(月4日は休んでよい)8,000歩歩くと決めました。

 目的はダイエットです。

 1年で10kg痩せることを目標にしています。

 

 今日は8,693歩歩きました。

 昨日は13,378歩歩きました。

 一昨日は10,828歩歩きました。

 (2017/3/16修正:一昨日は休んでました。10,828歩歩いたのは一昨日でなく、執筆日の3日前でした。)

 別に歩くのが大好きなわけではありません。

 あくまでも痩せるための手段です。

 痩せるために自分で続けられそうな手段として散歩をしています。

 ウォーキングにもなっていないレベルなので散歩と言っています。

 それでも効果が出ています。

 年間10㎏減量に向けて順調なペースで進んでいます(この記事参照)。

 ちなみに今朝の体重は66.8kgでした。

 年初比(2.5か月)で-3.2㎏です。

 なぜ順調なペースで減量が進んでいるのか、思うところを書いてみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

減量が順調に進んでいる理由

1.具体的な目標を数値化し期限を決めたから

 年間-10kg、月-0.9kgという具体的な数値と期限を決めたのが良かったと思っています。

 やせるぞ!

 という気合だけでは、いつまでにどのくらい痩せればいいのか具体的にわかりません。

 具体的にわからないことは、行動に結びつけづらいです。

 年間10kgやせるぞ!だけでも期限までの時間が長すぎて、「ダイエットは明日から~」的にしばらくさぼって過ごしてしまいそうです。

 

 年間10㎏やせるぞ!をさらに具体的に月-0.9kgと短い期限に落とし込んだのが良かったと思っています。

 ただ、体重はある程度増減があるので、週単位まで目標値を落とし込んでしまうとちょっとやりすぎな感じがします。

 今のところ、月単位の目標設定でちょうどよい感じがしています。

 数値目標と期限を決めると、それを達成するためにどうするかという具体的な行動に移しやすいです。

 痩せるためにやると決めたのは散歩だけです。

 でも一旦目標値と期限を設定すると不思議とその他の習慣も意識するようになりました。

 例えば、外食をほとんどしなくなりました。

 以前はラーメンを食べまくっていたのですが、今はだいぶセーブしています。

 ラーメンを食べるともれなく半ライスも注文してしまうため、炭水化物&炭水化物で太るのですw

 また、2月に間食をたくさんしてしまって思ったより体重が減らなかったので、菓子を買う回数が減りました。

 あと家で晩酌するための酒の購入も減りました。

 このように当初目標達成のために設定した手段は散歩だけだったのですが、自然と他の生活習慣にも変化が出てきています。

 これは期限を決めて数値で具体的な目標を決めたからです。

2.毎朝体重計に乗っているから

 目的地(年間-10kg、月-0.9kg)が決まって、たどり着くための手段(散歩)も決まったら出発するわけですが、出発後、今自分が目的地までどのくらい近づいているのかのチェックも重要です。

 チェックを定期的にしないと下手したら目的地から外れて逆に離れていってしまうこともあるかもしれません。

 今回の目標は減量ですから、体重を定期的にチェックして目標値に近づいているのか離れて行ってしまっているのかチェックすることが重要です。

 体重については、毎朝でも毎晩でもいいのですが、決まった時刻(時間帯)に毎日計測するのがポイントだと思っています。

 食べ過ぎや間食が続くとすぐに体重計の数字に表れます。

 毎日体重計に乗っていればちょっとの変化(増加)にもすぐに気づけて変化(増加)を意識できます。

 ちょっとの変化の段階で意識できれば、月末までの減量目標値と比較して、達成が危いのかそうでないのか気づけます。

 もし達成が危ういことに気づけたのなら、達成のための行動(間食をやめる等)を実行する動機付けになります。

 毎日体重計に乗って現在地を把握することの効果はでかいと実感しています。

3.ブログで毎月結果を報告すると宣言しているから

 自分との約束だけではつい甘くなりがちです。

 なのでブログという不特定多数の方が閲覧できる媒体で毎月結果を報告すると宣言してしまいました。

 この効果としては、月末近くになってくると「あと〇日でブログで公表だな」と特に意識化されることです。

 意識すれば、2と同様の理由で達成のための行動をよりとりやすくなります。

 

まとめ

 ここまで減量が(今のところ)うまくいっている理由を書いてきました。

 まとめると具体的な目標と期限を決めて宣言して毎日現実を直視するということですね。

 そうすれば、自然と行動が変わってきたり、目標達成のために時間を使うようになると思います。

 私は冒頭にも述べたとおり決して散歩が好きなわけではないのですが、目標達成のため1時間以上散歩に時間を当てています。

 ホントはその時間で読書したり、録画した映画を観たりしたいです。

 だから今年目標を達成できたら、目標体重維持に必要なだけ散歩をする(つまり散歩の頻度を今より少なくする)ようにします。

 でも今年は体重を減らすと決めたので散歩に多くの時間を費やしています。

 もし何か達成したい目標があるにもかかわらず、行動が変わらないとすれば、何らかの理由でエネルギーが枯渇しているか、本気で目標達成したいと思っていない(優先順位が低い)かだと思います。

 エネルギーが枯渇している場合は、まずゆっくり休むなり、好きなことを好きなだけするなりするのが先決だと思います。

 目標として決めたのに、本気で目標達成したいと思っていない(優先順位が低い)場合は、自然と他のことに優先的に時間を使っているのだと思います。

 おわり。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事