スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

【2017年3月場所3日目】日馬富士早くも2敗目!解説は貴乃花親方!

(写真は3月14日放送のNHKのテレビ中継より引用。以下の写真も同様)

 上記は日馬富士VS蒼国来の勝負が決まる瞬間の写真です。

 蒼国来の足は土俵に残っており、日馬富士は3日目時点で1勝2敗と黒星先行となってしまいました。

 対する蒼国来は初めての結びで初めての金星。

 取組前、結びで相撲が取れるだけで嬉しいとコメントしていたようです。

 インタビュールームで初金星の感想を聞かれると「ちょっと緊張していてあまり覚えていない」とのことでした。

 それでは、その他の結果も見てみましょう。 

 2017年(平成29年)3月場所(大阪場所)3日目の三役以上の勝敗は以下の通りです。

では、三役以上の取組結果についてそれぞれコメントしていきます・・・と言いたいところですが、一部録画できていない取組がありました。

 該当の取り組みにはその旨コメントしています(どちらも観たかったのになぁ・・・残念)。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

三役以上についての一言コメント

【白鵬】(VS豪風)

 立ち合い豪風は弾丸のように低姿勢でものすごいスピードで白鵬にぶつかっていきました。

 

 かっこよかったです。

 少し時間がかかりましたが、白鵬が寄り切りで勝ちました。

【鶴竜】(VS勢)

 鶴竜は勢に3連敗中だったらしいです。

 そういうこともあってか、勢は全く引かずに前に出て攻める意思がとても伝わってきました。

 しかし、鶴竜も全く引く姿勢は見せず、寄り切って鶴竜が勝利。

 鶴竜3連勝!

【日馬富士】(VS蒼国来)

 冒頭のコメントの通り。

 日馬富士の仕切りがかっこよくて思わず撮影したのでそれだけ載せておきます。

【稀勢の里】(VS貴ノ岩)

 貴ノ岩は何とかしようとしてわちゃわちゃ動いていましたが、稀勢の里は全く慌てず終始落ち着いて相撲をとっていました。

 横綱稀勢の里強し!

【豪栄道】VS【正代】

 立ち合いから豪栄道が攻めるも土俵際で正代がぐいっと体を柔らかくひねってすくい投げ!

 正代の勝ち!

【照ノ富士】(VS松鳳山)

 押し出しで照ノ富士の勝ち!

 角番の場所で初日から3連勝!

 貴乃花親方「気迫がありました」

【玉鷲】VS【御嶽海】

 なぜか録画できておらず・・・残念・・・

 玉鷲・・・優勝候補としてあげたのに・・・2敗目・・・。

 御嶽海は勝ち星先行で2勝目!

【髙安】VS【琴奨菊】

 なぜか録画できておらず・・・見たかった。

 髙安初日から3連勝です!

稀勢の里の横綱昇進についての貴乃花親方のコメントがよかった

 今日の解説は貴乃花親方でした。

 貴乃花親方というと、私には松村邦洋さんのモノマネが思い浮かんでしまって、寄り目の画が頭にちらつくのですが、もちろんあんな顔はしませんw

 さて、貴乃花親方は稀勢の里の横綱昇進について、中継の中で以下のようにコメントされていました。

 「一相撲ファンとして嬉しい」

 「(横綱になって)風格が変わっている。これまでの苦労が栄光に変わっていくような気がする。年齢という壁はあるが、力士寿命も多少は延びている」

 また、稀勢の里がこれまで大事な場面でなかなか勝てなかったことをアナウンサーが指摘すると

 「横綱になるためのプロセス・経験を積んでいたのでしょう。そういう経験があるからこそ、(横綱として)今場所落ち着いて相撲をとれている」

 的な言葉で返していました。

 このプラスの捉え方はいいなと思いました。

 今というのは過去の積み重ねなのですよね。

 過去を過度に悲観することなく、視点を今に向けているのがとても良いと思いました。

 4日目につづく↓

2017年(平成29年)3月場所(大阪場所)4日目の取組について書きました。三役以上の取組について一言コメントしています。

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事