スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

昔の上司から着信があった。

nvtrlab / Pixabay

 先日ツイッターでフォローしているKotaro(@Kotaroux)さんのブログ(SOUTAi40)の「退職日当日を振り返る」という過去記事がTL(タイムライン)に流れてきたので読んでいました。

 記事のタイトルの通り、Kotaroさんが退職日当日を振り返られた記事です。

 以下一部引用します。

(引用開始)

上司から、

「万が一引き継ぎもれがあったときに問い合わせるかもしれないから個人のメールアドレスを教えて」

と言われたので、適当にフリーメールでアカウントを作って教えておいた。

が、結局何の問い合わせもなかった。

あのメールアカウント今頃どうなっているだろう。

(引用終了)

(Kotaroさんのブログ『SOUTAi40』の記事「退職日当日を振り返る」より引用)

 

 「そうそう。連絡先を教えておいても実際は退職後に連絡なんてないんだよね」

 そんなことを思いながら読んでいました。

 実際、私の場合も上司に連絡先を教えていましたが、退職後一度も連絡はありませんでした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ところがどっこい夢じゃありません

 しかしここからまさかの奇跡というか変な形でのシンクロが発生します。

 このKotaroさんの記事を読んだ数時間後、何気なくスマホを見ると

 なんと昔の上司から着信があるではないですか!

 なんだこのシンクロ!

 というか、こういうのはシンクロと言わないのか。

 いずれにせよ、退職後に連絡なんてない、そうそう、って思ってたら昔の上司から着信があったという出来事が起こりました。

 なんだこれ?夢か?って思いましたよ。

 ところがどっこい夢じゃありません!

 いやただの偶然なのですが。

 真っ先に思ったのは「これブログのネタになるなw」ということ。

 それだけの記事です。

元上司の要件は・・・

 こちらから折り返すのはなかなかドキドキします。

 いや、別にやましいことは何もないはずなのですが、とは言っても何か過去にやらかしてしまっていたか?とか色々余計なことを考えてしまいます。

 尚、元上司についてはとても穏やかで優しい方だったので、何か責められるようなことはないと思いつつも変な緊張感がありました。

 そんなことを思いつつ折り返したのですがつながらず、また先方から再び着信があったのにこちらが気づかず的な感じが何回か続きましたw

 私は忙しくないのですが、元上司は相変わらず忙しいようです。

 その後やっとつながりました。

 要件は、1年以上前の事務処理についてでした。

 覚えていたことはすべて伝えましたが、さすがに記憶があいまいな部分もありましたので、それはその旨伝えました。

 そんなある意味適当な受け答えでも会社は今日も回っています。

 人が少しいなくなっても、それなりに回っていくのが会社。

 

 人がたくさんいる会社はそういうもんだと思います。

 おわり。

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事