税務署に開業届を出してきた

 

jarmoluk / Pixabay

 先日雇用保険の求職者給付の基本手当(いわゆる失業手当)の受給期間が満了しました。

 この間、だいぶ無職生活をエンジョイしました。

 というわけで開業届(個人事業の開業・廃業等届出書)を税務署に出してきました。

 それから所得税の青色申告承認申請書をついでに出してきました。

 まぁ開業届を出したからといって、何か新たに始める予定はなく、これまで通りブログを書くだけです。

 現状の収入的には青色申告を申請するまでもなく基礎控除だけで事足りてしまうのですが、気分的に最初に出しておきたかったので提出しました。

 この記事で書いた雀鬼桜井章一さんの本でも「考えるよりも感じるままに行け!」って感じでしたので、自分の気持ちに素直に従い提出しました。

 損得で考えたら出しても意味ないのですが、「損得で考えるな!」的な生き方が桜井さん流なので、最近かぶれた者としては気持ちのおもむくままに出しました。

 一見意味のない行為なのですが、公的な届をすることで「今日から俺は自営業だ」という気持ちの区切りというか、心持ちが何かしらの心境の変化をもたらすかもしれません。

 こういった小さな行為の積み重ねを今後もしていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

開業届・青色申告承認申請書の書き方など

 書き方としては、ググって見つけた下記二つのブログを参考にさせていただきました。

 大変参考になりました。ありがとうございました。

専業ブロガーとして個人事業主になるために、税務署に開業届を提出してきたのでメモしておきました。
今年の1月から始めた当ブログの運営も、確定報酬が10万円に近づいてきましたので、個人事業主としての開業届と青色申告を申請してきました。やること自体は大したことはなく、申請自体も一瞬で終わるのですが、色々と分からないこともありましたのでメモと

 1つだけ付け加えると、現在は個人番号(マイナンバー)の記入が義務付けられているので書きました。

 上のサイトを参考にすればたぶん15分もあれば書けちゃうと思います。

 様式は国税庁のホームページにあるPDFのフォーマットを使うとパソコンで入力できます。

 

開業届:https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/04.htm

青色申告承認申書:https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm

 ただ、届出の区分欄の開業に〇をつけるのと、氏名欄の印を押すところだけは印刷後処理しました。

 それぞれ2枚印刷(1枚提出、1枚控え)して税務署に持参しました。

税務署にて

 郵送でもいいみたいですが、持っていきたい気分だったので直接持参しました。

 確定申告関係で2,3人前に並んでいましたが、ほどなく自分の番に。

 開業届と青色申告承認申請を出しに来ましたと伝えると、別の紙に名前と連絡先を書くように言われました。

 あと、個人番号通知カードと本人確認できるものの提示を求められたので、通知カードと運転免許証を見せました。

 それらを見せ、連絡先を書いた紙を渡すと、持参した書類にぽんぽーんとあっという間に「収受」と書かれた印が押され、控えを戻されて「おつかれさまでした~」と言われました。

 3分もかからずにすべて終わりました。

 たぶん書類に不備があったら後から連絡が来るのでしょう。

 確定申告の時期だけに職員の方は忙しそうでした。

 おわり。

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事