スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

アメトーーク!のloveガラケー芸人を観て思ったこと:ガラケーでよい

 

Gellinger / Pixabay

 2017年3月2日に放送されたアメトーーク!の「loveガラケー芸人」を別のことをしながら聴いて(観て)いました。

 別のことをしながらも耳に入ってきた部分があったのでそれについて書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ガラケーにこだわる精神は結構好き

 耳にはいってきた部分を書く前に書いておきたいことがあります。

 それはガラケーにこだわる精神についてです。

 ガラケーからスマホに乗り換えない理由は様々あると思います。

 スマホは難しそうだから慣れているガラケーの方がよいとか、ガラケーで不便を感じないので乗り換える必要性を感じないとか、スマホの方が維持費が高そうとか、ガラケーの方が充電頻度が少なくて済むとか、皆がスマホに乗り換えているので逆に乗り換えたくないとか、今持っているガラケーに愛着があるとか、乗り換える時にかかる費用がもったいないとか、その他にも様々あると思います。

 で、理由はどうあれ、私はそういった新しいものに飛びつかない的な精神は結構好きです。

 ガラケーよりスマホに乗り換えた方が便利なのは間違いありません。

 おそらくガラケー芸人の皆さんもそれはわかっているでしょう。

 それでも、ガラケーを使っているところに面白さを感じます。 

 その理由を掘り下げるだけでも面白いと思います。

 こうして番組になってしまうくらいですからね。

 尚、私自身は数年前にスマホ(iPhone)に乗り換えてしまっています。

LINEにはつい最近まで抵抗があった

 なぜその辺に面白さを感じるかというと、私自身が新しいものに飛びつくのを好まない人間だからです。

 一言で言えば天邪鬼な性格です。

 例えば、LINE。

 私は半年位前までLINEアプリは入れていませんでした。

 色々話を聞くと便利なのはわかっていたのですが、メッセージが読まれると既読になるとか、忙しないです。

 またLINEによってメッセージのやり取りで時間が奪われることを考えると恐ろしいです。

 なぜ時間が奪われると思うかというと、メッセージをもらったら気の利いた返事をしなくては失礼ではないかとかそんなことを考えてしまう性格だからです。

 まぁこんな感じでもっともらしい理由をあげましたが、根本的には単に皆が入れているので入れたくないという天邪鬼な性格がLINEアプリを入れない要因でした。

 そんな私も訳あってLINEアプリを入れました。

 ただし、LINEを入れていることを伝えているのは妻とごく少数の知人だけ、必要最小限にしています。

 ちなみに、LINEは使ってみるととても便利ですw

 ただ、私の性格上、たくさんの人を登録するとめんどくさいことになることは容易に想像できます。

アメトーーク!のloveガラケー芸人を観て耳に入ってきた部分

 前置きが長くなりました。

 番組を聴いていて(観ていて)耳に入ってきたのは次の言葉です(メモしたわけではないので一言一句正確ではありません)。

 「ガラケーを使っている人は、自分はいいのかもしれないが、周囲(スマホを使っている人たち)に迷惑をかけている」

 これは別に真剣に発せられた言葉ではなく、笑いを取りに行った言葉です。

 実際出演者や観客もみんな笑っていたと思います。

 私もその通りだなと思って笑ってしまいました。

 要するに、スマホどうしの方がやり取りがスムーズという意味ですね。

 

 それはその通りです。

 LINEとガラケーメールでは送るときのめんどくささコストが全然違います。

 そういう意味で上記の言葉は事実だと思います。

 この番組の中の文脈を考えると全く問題発言ではないし、そこに真剣に反論するのは番組の趣旨から考えてピントがずれています。

 それが大前提ですが、私が笑いながらもこの言葉を聴いたときに感じたことをあえて書くと、「だからスマホを持て!」と言うのは違うということです。

 この番組はお笑いだからよいのですが、この風潮が世間的な空気になってしまったら恐ろしいです。

 この場合の迷惑は消極的なもので、他人を故意に傷つけるとか、他人の権利を侵害するとか、何か積極的に周囲に迷惑をかけているわけではありません。

 

 だから、ガラケーのままがいい人はそれでよいのです。

 携帯電話により私たちの生活はとても便利になりました。

 私もそれによる恩恵をたくさん受けています。

 一方で、仕事上で携帯電話を持たされる人も多く、それは拒否できないような状況でもあります。

 

 仕事上、いわば「携帯電話を持て!」という空気になっています。

 それは便利であるものの息苦しくもあります。

 私の知人は、仕事が終わってからも上司から毎日のように携帯に電話がきて家にいても休まらないなんてことを愚痴っていました。

 こうなると悲惨です。

 番組を観てこんなことを考えました。

 ※私はアメトーーク!が大好きです。しつこいですが、番組の趣旨を考えず、この発言だけを取り上げてけしからん番組だと言うのはピントがずれています。逆にテレビでの発言がどんどん規制されている状況はテレビをつまらなくしているとすら思います。この記事ではこの発言を聴いた私がただ素直に考えたことを書きたいように書いたにすぎません。

 おわり。

読んでいただきありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事