スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

今日私は改めて「とりあえずちょっとだけやる」の威力がすごいと思った

 私は、ストレングス・ファインダーの34の資質の中で、「最上志向」が2位です。

はじめに 今日はストレングス・ファインダーの34の資質の内、「最上志向」について書きます。尚、資質の説明は下記書籍「さあ、才能(自分)に目...

 あ、ちなみにストレングス・ファインダーというのは、自分の強みを知るためのテストです。

 180問位質問があって、それぞれ示された2つの回答候補の内、より自分の考えに近い方をひたすら選んでいくやつです。

 そしてその回答結果により、34の資質の内、回答者の上位5つの強みを教えてくれます。

 上記の本を買うとネット上の検査に参加できる仕組みになっています(確か、本についている固有の番号か何かをネット上で入力するとかだったと思う。詳細は忘れた)

 ちなみに中古で買うと、既に検査に参加する権利が使われている可能性大なので新品で買わないと意味がないと思います。

 尚、本を買う以外にも検査をする方法が確かあったはずです。

 私は本を買って検査を受けたので、それ以外の方法は詳しくありません。

 あ~前置きが長くなりました。

 で、冒頭述べましたが、この検査で私は「最上志向」という資質が2位でした。

 私の解釈ではこの「最上志向」は完璧主義につながるところがあるのですね。

 完璧主義なのでちゃんとやらなければいけないという気持ちが強く、中途半端が嫌なのですね。

 そうすると、何かアクションを起こすにしても、この完璧主義のせいで、最初の1歩が億劫になってしまう。

 でも今日私は「とりあえずちょっとだけやる」の威力がすごいことに改めて気づきました。

 小さなことなのですが、今日はこれについて書きたいと思います(本題に入るまでちょっと長くなってしまった・・・)。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

今日私は改めて「とりあえずちょっとだけやる」の威力がすごいと思った

①朝の英訳の作業 

 私は、現在、ひょんなことからある日本語の文章の英訳の作業をしなければならない状況であります。

 と言ってもA41枚分くらいの分量で別に大した量ではありません。

 で、この作業、予定ではもう1週間前くらいに終わらせるつもりだったのに、今日まで1文字たりとも手を付けていませんでした。

 さすがにもう手をつけなければやばいということで、「とりあえず2,3行だけやる」と朝決めました。

 何かのニュースで見た気がするけど、グーグルの翻訳機能がだいぶ進化しているようで、日本語をぶちこむと確かにいい感じに訳してくれました。

 作業が進むと気持ちが良いので微修正をしつつ、ドンドン作業が進みました。

 気づけば「とりあえず2,3行だけやる」つもりが、「あと6行で終わり」というところまで作業が進んでしまいました。

 これはグーグルさんに助けられたこともでかいです。

 が、「とりあえず2,3行だけやる」という目標ハードルを低くしたおかげでそもそも取りかかる気になったわけです。

 「とりあえずちょっとだけやる」の威力すげぇ!

②とりあえず食器だけ運ぶつもりが・・・

 英訳もいい感じで進んだので少し昼寝(午前中だけどw)したら昼になったので昼食をとりました。

 昼食を取りながらyoutubeで動画を観てました。

 昼食が終わっても食器も片づけずそのままだらだら観てました。

 別に昼休みも仕事時間も決まっていないのでだらだらする気になればいつまででもだらだらできます。

 これはサラリーマンからすればうらやましいかもしれませんが、下手をすると一日何もしないで終わってしまうという恐ろしさがあります。

 まぁ別に一日何もしないことが絶対悪ではなくて、そういう過ごし方が必要な時もあるとは思いますが。

 今日の私は上記英訳の作業の他に午後外出して色々用事を済ませなければなりませんでした。

 

 でもこのまま動画を観ていたい。

 そこで、「まぁとりあえず食器を台所まで運ぶか」と思って立って食器の一部を運びました。

 台所にいくと、炊飯器が目に入りました。

 そこで、「あ、そういえばご飯もうないから米洗わなくちゃいけないんだ」ということに気づきました。

 この重い腰を上げて立った勢いで米を洗ってしまおうと思いました。

 米を洗い終わると「せっかく立ったのだから食器も洗っておこう」と思って食器も洗いました。

 ついでにテーブルもきれいに拭きました。

 その頃には動画を観たい気持ちはすっかり消えていました。

 そしてふと「あ、これブログのネタになるな」と思いました。

 で、急いでこの記事の下書きを書きました。

 最初は「とりあえず食器を台所まで運ぼう」という超ハードルの低い目標設定でした。

 この時点では、「米を洗おう」とか「食器を洗おう」、「テーブルを拭こう」とか「ブログの下書きをしよう」などとは全く考えていませんでした。

 ホントに「食器を運ぶだけ」しか考えていませんでした。

 しかし、立って台所に行ったことがきっかけで「米を洗う」「食器を洗う」「テーブルを拭く」「ブログの下書きを書く」という想定していなかった4つの行動が完了してしまいました。

 いやめちゃめちゃ小さなことなのですが、仮に最初から「これらを全部やらなければ!」と思っていたら重い腰が上がらなかったかもしれません。

 「とりあえずちょっとだけやる」の威力すげぇ!

とりあえずちょっとだけやるの威力すげぇ!

 何が言いたいかというと、「とりあえず簡単なことだけやろう」と決めて行動すると、思ったよりも物事が進むことがあるということです。

 めんどくさいことでも、ちょっとだけ、ほんのさわりだけやろう、と思ってやり始めるのがポイントですね。

 とりあえず少しだけやってみる、動いてみる、手足を動かしてみるのがいいっぽいですね。

 やはり少しでも能動的に体を動かすと脳も刺激されるのですかね。

 ただ、これを言うとちゃぶ台返しみたいになってしまいますが、その少しですら動きたくないこともあるでしょう。

 それは、体がそう欲しているのでしょうから、そういう時はまぁそれでいいと思います。

 インドのことわざじゃないけど、「起こることはすべて善きこと」という精神で全てのことを自分で勝手に良い方向に都合よく意味づけて良いと思います。

 一見悪いことが起きても「〇〇の意味ではよかった」みたいな。

 まぁこのような考え方が大前提です。

 でも何か行動しようと決めているのだけど、ちょっとめんどくさくてだらだらしている程度の時は、少し何か簡単な行動目標(例:食器を台所まで運ぶ)を決めて、とりあえずそれだけやるつもりで動いたら思ったよりも物事が進みましたよーというお話でした。

 一言で言うと「とりあえずちょっとだけやるの威力すげぇ!」です。

 おわり。

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事