2017年3月場所の番付を見てコメント②:関脇、小結と前頭2の蒼国来など

 この記事は、前回のこの記事のつづきです。

 はい、それではつづきを書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

小結以上の番付

 2017年3月場所の小結以上の番付表を再掲します。

 _thumb1

 では簡単にコメントを書いていきます。

③関脇について

 関脇については、前回のこの記事でも触れましたが、この場所で大関昇進(琴奨菊は再昇進)を決めるのは難しいと思います。

 というわけで、玉鷲、高安は大関昇進を見据えて着実に勝ち星を積み上げなければならない場所です。

 最低11勝、できれば12勝したいですね。

 あと、玉鷲は個人的にあの必殺技ののど輪で一気に土俵の外に出す相撲が好きなので3月場所も楽しみにしています。

 琴奨菊はこのままずるずると下がってしまうのか、ここでもうひと踏ん張りするのか、正念場です。

 関脇については以上!

④小結について

 1月場所2横綱2大関2関脇1小結に勝って、前頭筆頭で11勝4敗と素晴らしい成績で勢いのあった御嶽海は大注目です。

 今場所もこの勢いが続いて11勝以上するようなことがあると、5月場所は大関昇進をかけた場所になります。

 果たして3月場所も先場所の勢いがあるかどうかに注目です。

 正代はやさしい感じが好きです。以上(それだけかいw)。

 小結以上w

⑤前頭について

 ほんのちょろっとだけ書きます。

 豪風、勢が前頭筆頭です。

 先場所三賞を受賞した蒼国来と貴ノ岩が前頭2枚目です。

 蒼国来も貴ノ岩も過去最高位でどこまでがんばれるか。

 特に蒼国来は2年以上土俵に上がれない時期がありました。

 数年前にその間の様子をフジテレビのザ・ノンフィクションで観ました。

 番組の中で蒼国来は相撲がとりたいのにとれなくて泣いていましたね。

 そんなどん底の状態からよくここまで来たなと思います。

 よく諦めずに踏ん張ったなと思います。

 3月場所も応援したいと思います。

 あとは多彩な技で観客を沸かせる宇良が新入幕で西前頭12枚目です。

 やっぱり珍しい技は観ていて面白いです。

 幕内でも活躍してほしいです。

 おわり。

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事