スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

【一部ネタバレあり注意】映画「私だけのハッピー・エンディング」を観た感想:笑顔で死にたい

(クリックするとアマゾンに飛びます)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

なぜこの映画を観たか

 深夜の日本テレビの地上波の番組で「映画天国」というのがあって、自動でいつも録画している。

 何となくその録画してあったやつを観た。

どんな映画か(ネタバレ有り)

 アメリカの映画。

 数行で書く。

 一見あけっぴろげな性格の女性が主人公。

 下ネタも平気。というか日常会話が常に下ネタみたいな。

 酒をたくさん飲み、男遊びもする。

 でも男とは本気では付き合わない。

 仕事の商談では失礼なほどストレートに思いをぶつけるが、説得力があり交渉を成立させてしまう。

 つまりあけっぴろげで、男にもてても本気にならず、遊びも仕事もできる。そんな女性。

 そんな彼女はある日、大腸がんの宣告を受ける。末期がん。

 そしてそこで出会った主治医を好きになる。

 彼女は一見あけっぴろげだが、これまでの人生で実は本心をさらけ出すことができなかった。

 そんな彼女ががんを宣告されてから死ぬまでの心境の移り変わりと、主治医や彼女の友人たち、両親との交流を描いた映画である。

感想

 主人公は最後に死んでしまいますが、笑顔で死んでいきます。

 そういう意味ではハッピーエンドなのかな?

 映画のタイトルも「私だけのハッピー・エンディング」だし。

 私も笑顔で死にたいものです。

 ・・・すみません、これ以上感想がありません。

 おわり。

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事