【アウトプットの威力!】私はにわか大相撲ファンだなぁと日々思っているが、アウトプットすることで確実に理解が深まっている感はある。

 

 大相撲の開催時期になると大相撲関連の記事ばかり書いています。

 しかし、記事を書いてはいるものの、知らないことも多く、にわかだなぁと毎日思ったりしています。

 ただ、誰でも「にわか」の時期はあるわけですね。

 そして「にわか」は記事を書いてはいけないというルールも別にないです。

 ですから、今日もこうして記事を書いています。

 

 はからずも、このように記事にすることで理解が深まっていく感があります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

インプット中心だと知識は身に付きにくい

 大相撲を録画して観るようになってから数年経っていますが、最初は日馬富士の相撲が速くてかっこいいから観たいとかそんなレベルでした。

 そのうち、北の富士さんの解説が面白いことに気づき、北の富士さんのトークが聞きたくて観るようにもなりました。

 で、相撲関係の本(ハッキヨイ!せきトリくんシリーズなど)も興味が出て読むようになりました。

ハッキヨイ! せきトリくん わくわく大相撲ガイド

ハッキヨイ! せきトリくん わくわく大相撲ガイド

 それでも、「四つの形」ってなんだ?とか「おっつけ」ってなんだ?とかそんなレベルでした。

 単に相撲知識・技術的なことよりも、見た目の面白さとか、北の富士さんのトークの面白さに関心が向いていた(そこで関心が停まっていた)とも言えます。

 別にそのことの良し悪しが言いたいわけではありません。事実としてそうだったと言いたいだけです。

 大相撲の記事を書きはじめた時、私は北の富士さんのトークが面白いのでそれを紹介したくて書いていました。

 相撲の取組内容自体を深く突っ込んだ記事は書いていなかったというか、書けませんでした。

 つまりは、インプットばかりしていてアウトプットは自分の書きやすい北の富士さん関係が中心、という感じでした。

相撲の取組内容自体を記事にアウトプットすると決めたことで相撲知識・技術にも関心が向いた

 ところが今場所(2017年初場所)北の富士さんが体調の関係で解説をお休みすることになりました。

 こうなると、今場所は北の富士さんの面白コメントを紹介する記事が書けません。

 それでも記事の文字数を維持したいと思ったときに「よし!関脇以上の相撲について取組内容を一言でよいから書くことにチャレンジしよう!」と決めたのでした。

 一旦そのように決めると、相撲知識・技術にも関心が向くようになるので不思議です。

 アナウンサーとか解説者の解説を今までだったら割と聞き流していたのが、「きちんと聞こう」という意識になりました。

 そのコメントをきちんと聞いてもう1度見返すと、「なるほど」と思うことばかりです。

 もしくは、「ん?それはどういう意味だ?」ってなって、ググってみて、もう1度映像を観て、「なるほど!」ってなるというそんな感じです。

 つまり、繰り返しになりますが、取組内容自体を記事にすると決めた結果、相撲知識・技術にもより関心が向きました。

 その結果、今までよりもより大相撲の理解が進んだと思っています。

 ただ解説者とかアナウンサーの着眼点・分析には全然かなうはずもなく到底足元にも及びません。

 取組内容を書くとは言っても、現状では決まり手プラス自分の気持ちを一言くらいしか書けていない感じにはなっています。

 というわけで自分的には「まだまだ感」があるのですが、それでも自分の中で確実に「理解が進んでいる感」もあります。

 そういう意味ではわりと現状を肯定している感じです。

 アウトプットの威力恐るべし!

最後に一言:起こることは全て最高

 北の富士さんが、解説を休まれたことで大相撲の面白さが半減したことは残念です。

 一日も早い復帰を切望しております。そして、復帰されたらまた北の富士さんのコメントをブログに書きたいと思っています。

 北の富士さんのお休みは、当ブログにとっても打撃でした。

 なぜなら北の富士さん関係の記事は人気があったのです。

 しかしながら、同時に、初場所の北の富士さんの解説がなくなったことで、より相撲知識・技術に関心を向けるきっかけになりました。

 ケガの功名。

 起こることは全て最高でございます!(古代インドのたとえ話)

蛇足

 私は「満員御礼」と「満員札止め」の意味の違いをつい最近まで知りませんでした。

 大相撲中継のアナウンサーが昔は「満員御礼」と言っていたのに、最近は「札止め」とばかり言うので、単に「言い方が変わったのか

な?」くらいにしか思っていませんでした。

 ところが調べてみると、「満員御礼」は8割以上の入場、「満員札止め」はチケット(札)の売切という違いがあることがわかりました(つまり「満員札止め」が真の満員)。

 これを受けて自分のことをまだまだ全然相撲のことを知らないな、にわかだなwと思いました。

 これがこの記事を書こうと思ったきっかけです。

 最初「じつはこの違いを知らないくらい私はにわかです」という内容の記事をさらっと書こうと思っていたのですが、書いているうちに書きたい内容が変わっていき、結果としてこのような記事となりました。

 

 おわり。

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

ハッキヨイ!せきトリくん わくわく大相撲ガイド 押し出し編

ハッキヨイ!せきトリくん わくわく大相撲ガイド 押し出し編

ハッキヨイ! せきトリくん わくわく大相撲ガイド 寄り切り編

ハッキヨイ! せきトリくん わくわく大相撲ガイド 寄り切り編

  • 作者: 公益財団法人日本相撲協会
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2015/01/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事