理想の1日の流れを時刻とともにtodoリスト化して毎日チェックしていたら行動が変化しつつある

f:id:kusakimuryou:20161224103330p:plain

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

人間はほっとくと易きに流れるが、とは言え、ある時ふと「このままじゃいかん!」となる

 脱サラして無職になって数か月が過ぎた。

 サラリーマンをやってた頃はどうしても会社中心の生活になる。それを楽しんでいた時期もわずかながらあった。しかし、やはり大半の時期は仕事による心理的負担はかなりでかかった。残業もあるし休日出勤もあって家帰ったら寝るだけ、週2日の休日は片方出勤して、片方は家にいても仕事のことが頭にちらつく。

 しかし私は会社を辞めて無職になった。人間はほっとけば易きに流れていく。堕落していく。

 私も例に漏れず、そしてサラリーマン生活からの解放感もあってしばらくは好きなように過ごした。好きなだけ夜更かしして、その分朝起きるのが遅くなって、起きたら昼は好きなものを腹いっぱい食べて(ほぼラーメンの外食ばかり)、そのあとスーパー銭湯に行って、以前よりテレビも無駄に観るようになって、夜は好きなだけ酒飲んで夜更かしして・・・とまぁ思う存分好きなように過ごした(とは言え書いていて結構庶民的だと思ったw)。

 でもそんな生活をしていたらみるみる金はなくなっていくし、体は太って不健康になる。何よりそれが当たり前になってくると意外と飽きてくる。そして時間は以前よりもあるはずなのに気付いたら働いていた頃よりも読書量が明らかに減っている。「カイジ」の冒頭の言葉じゃないけど毎日何も積み重なっていない感じ。

「このままじゃいかん!」と自然に考えるようになった。

 この「このままじゃいかん!」はもしかしたら単に世間の常識にとらわれているだけかもしれない。が、ここでは「このままじゃいかん!」と考えることの良し悪しは問わない。

 また「このままじゃいかん!」と思えたのは、サラリーマン時代に思うように楽しめなかった分の時間をこの数か月で取り戻せたからこそかもしれない。枯れていたエネルギーを好きなように過ごすことで充填したみたいな。充填したからこそ飽きたみたいな。そういう意味では好きなだけ好きなように過ごす時間も必要だったと思うし、時間も金も無駄ではなかったのかもしれない(なんてポジティブ!)。

 ともかく事実として「このままじゃいかん!」と考えるに至った。しかし「いかん!」とは思うものの、一旦易きに流れた生活習慣を是正していくのは簡単ではない。

理想の1日の流れをEXCEL(エクセル)で作ってみた

 「いかん!」とは思うものの夜なかなか眠くならないみたいなことが続いた。夜眠れないと起床が遅くなる。起床が遅くなると夜眠れなくなる・・・と悪循環であった。

 そこで理想の1日の流れをEXCEL(以下、エクセル)で作ってみた。冒頭にも載せたがその一部がこれである。

f:id:kusakimuryou:20161224103330p:plain

 あまり載せてしまうと自分の生活が全て知られてしまうようで気持ち悪いのでほんの数行だけ載せた。

 ざっくりと解説してみる。

・「日付:」にはその日の日付を書く。

・「起床時刻:」にはその日の起床時刻を書く。とりあえず6:30を想定しているがほんとは5:30とかにしたい。

・「チェック」には「毎日のtodo」が完了したらレを入れる。

・「分類」は家事とか健康とか自己投資・研鑽とか自分で決めた分類に従って該当の頭1文字を入れる。

・「番号」は上から順にふっている。

・「毎日のtodo」は毎日やるべきこと、やりたいことを書いている。

・「開始時刻目安」「終了時刻目安」は理想の開始・終了時刻を書いている。

・「所要時間目安」は上記開始・終了時刻から自動計算していて、かける時間の目安を表示している。

・「開始時刻実際」「終了時刻実際」「所要時間実際」はそれぞれ実際の時刻・時間を入れるが、実態としては全て記録しているわけではなく、実際にかかっている時間を確認したいときに記録している。

・「今日のtodo」は「毎日のtodo」とは別にその日中にやるべきこと、やりたいことを書く。全部で6つ書けるようにしているが、よほど軽いものでない限り6つもできず、せいぜい2つ3つで、1つなんてことも多々ある。でもそれでOK。ちなみに午前と午後の1日2回、計約4時間これに時間をとっている。

・ここには載せていないが、「今日のtodo」の6つの欄の下に分類別の所要時間目安の合計とそれに対して時間を増やしたいか減らしたいかなどのコメントを書いている。

・このエクセルを作ってわかったこと(気づいたこと)や今後どうしたいか、また、やらないことなどをメモとして載せている。具体的に1つ挙げると、やるべきこと、やりたいこと、それに必要な時間が列挙されているのを見て、テレビやネットサーフィンなんてやってる時間はないということに気づいたし、そんなことに時間をかけているから読書の時間を確保できないのだと気づいた(ちなみにフィードリーとかツイッターをチェックする時刻・時間はこのtodoに組み込んでいるのでそれ以外に無駄にチェックしないという意味)。

・まだ運用し始めて1か月も経っていないが、頻繁にこの1日の流れを見直しているので、欄外に修正の記録と分類別の当初の計画時間との差などを記録している。

不思議なことに行動が変化しつつある

 この記事でも書いたのだが、一時期深夜2時とか3時になってもなかなか眠くならずにだらだら起きていたのだが、このエクセルでのチェックを始めてから徐々に就寝時刻が早くなり、最近では0時前には眠くなるようになった。

 ちなみにまだ運用し始めてから1か月も経っていない(具体的には2016年12月9日から始めた)。

 具体的にどのように行動が変化したか?

 1つ1つはほんとに小さなことだ。

 以下2つ例を挙げる。

【行動変化の例①】

 起床後すぐにカーテンを開けて束ねるようになった。

f:id:kusakimuryou:20161224103330p:plain

 上記画像の番号1に「カーテンを開けて束ねる」というtodoがある。以前はカーテンを開けても気が向いたときしか束ねていなかった。またカーテンを開けるタイミングも寝室のものは起床後にすぐ開けるが、他の部屋のものはめんどくさくてしばらく開けないなんてこともあった。

 現在は起床後すぐの6:30に開けて束ねることになっているので、起きてからまず全部の部屋のカーテンを開けて束ねる。そしてチェックを入れる。パソコン上でチェックを入れてもいいのだが、そうするとパソコンを立ち上げるのが面倒になったりするので、今は紙ベースでチェックするようにしている。

 はっきり言って一見どうでもいいことなのだが、このチェックを入れることにより「1つやるべきことをやった」といういい気分になるから不思議である。

 以前何かの本で「朝起きたらすぐにほんの1か所1分掃除するだけで生活が変わる」的なものを読んだがそれに近い感覚だ。

 また、毎日カーテンを開けて束ねるということを決めると、カーテンを開けやすくしたくなる。するとカーテンを開けるための動線上にモノが置いてあったりするとその配置を再考するようになる。その結果部屋が片付いていくなんてこともあった。

【行動変化の例②】

 夜に風呂に入るようになった。そして寝る時刻・起床時刻が早くなった。

 どういうことかと言うと、以前はスマホでネットサーフィンしたり、youtubeを観たりしているうちに夜中の1時とか2時とかになってしまい「もうめんどくさいから明日の朝でいいや」とか、眠れないと思いつつもいつのまにかそのままこたつで寝てしまうということが多かった、というかほぼ毎日夜は風呂をスルーし、朝に風呂に入っていた。

 ところが、ものすごく不思議なのだが、風呂に入る開始時刻が書いてある紙1枚が手元にあるだけで「夜のうちに風呂に入ろう」という気持ちになることが多くなり、実際に夜に風呂に入ることが多くなった。

 そして夜風呂に入ってから寝ると不思議と朝の起床時刻も早くなり、夜も早く眠くなるという好循環が生まれつつある。

 別記事でも書いた気がするが、昔レコーディングダイエットというのが流行って「毎日食べたものを記録するだけで痩せる」というのが売りだったが、今やっていることと行動の変化はまさにこれに近い感覚だ。

よくはなっているがまだ当然完璧ではない。でも楽しい。

 とは言っても、まだまだエクセルの計画通りに1日が流れているわけではない。

 ブログの更新のために毎日時間を取っているはずなのに、毎日更新できていなかったり、起床就寝時刻もまだ計画と1時間位ずれがあるし、ついつい無駄にスマホをいじってしまうし、まだまだ完璧ではない。

 でも楽しい。

 1日の流れ(計画)を微修正するのも楽しいし、todoが完了してチェックをつけるのも楽しいし、何より行動の変化を実感できたり、発見があるというのが楽しい。

 実はこれがきっかけで記録して見える化・数値化することの楽しさと威力を実感して他にも日々記録しているものがあるのだが、それについても機会があれば紹介してみたい。

 何でもいいから定期的に記録を取る(そして数値化する)のは気づきが多いのでおすすめです。ポイントは自分で考えて決めたことで、その記録が簡単にできて、楽しめるということかと思います(会社で仕事上義務的に記録していたことで楽しいことはあまりなかったので自分で考えて決めるというのが楽しむためのポイントだと考えます)。

 おわり。

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事