スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

生ダラで初めて見た輪島関はいじられキャラだったけど、実は勝つための行動を積み重ねた強い横綱だった! 『横綱』武田葉月著 を読んだ感想④ 

横綱

 この記事は以下の記事の続きです。よろしければあわせてどうぞ。

 今回の記事は以下の記事の続きです。よろしければあわせてどうぞ。 ③第49代横綱栃ノ海晃嘉関についての感想 (ウ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

④第52代横綱 北の富士勝昭関についての感想

<基本データ>

 四股名 :北の富士勝昭(きたのふじかつあき)

 本名  :竹沢勝昭

 生年月日:昭和17年3月28日

 出身地 :北海道旭川市

 身長  :185㎝

 体重  :135㎏

 所属  :出羽海⇒九重部屋

 優勝回数:10回

 我らが北の富士勝昭さんについてはこちらに書きましたので省略します。

⑤第53代横綱 琴櫻傑将関についての感想

f:id:kusakimuryou:20161130231719j:plain

(タイトルの本のP97より引用)

<基本データ>

 四股名 :琴櫻傑将(ことざくらまさかつ)

 本名  :鎌谷紀雄

 生年月日:昭和15年11月26日(平成19年8月死去。享年66)

 出身地 :鳥取県倉吉市

 身長  :182㎝

 体重  :150㎏

 所属  :佐渡ヶ嶽部屋

 優勝回数:5回

 1人称が「わし」というのが印象深かった。そして写真を見ると「わし」が似合う!

 史上最高齢(年6場所制以降)の32歳で横綱に昇進したそうです。

以上w

⑥第54代横綱 輪島大士関についての感想

f:id:kusakimuryou:20161130233630j:plain

(タイトルの本のP108より引用)

<基本データ>

 四股名 :輪島大士(わじまひろし)

 本名  :輪島博

 生年月日:昭和23年1月11日

 出身地 :石川県七尾市

 身長  :186㎝

 体重  :132㎏

 所属  :花籠部屋

 優勝回数:14回

<とんねるずの生ダラ>

 私がこの横綱を初めて知ったのはとんねるずの番組(とんねるずの生でダラダラいかせて!!)でした。当時輪島関が元横綱だということはほとんど意識していませんでした。というのもなにかいじられキャラのような扱いだったからです。

 例えばこんなやり取りがありました。

「好きな食べ物は? 3、2、1、キュー」と聞かれて、輪島関が「マグロ?」と答えて同時にテロップが画面上に出て出演者が皆爆笑するのがすごく面白かったです。

 ほかにも「3,2,1、キュー」で色々聞かれるのですが、輪島関が答えると全て回答の最後に「?」がついたテロップが流れるのが妙に面白かった。

 正直そんな印象しかありませんでした。

<大学から大相撲界に入った先駆け>

 本を読んでわかったのは、輪島関は大学を出て大相撲の世界に入った当時珍しい存在だったということです。今でこそ大学から大相撲の世界に入る力士はさほど珍しくありませんが、輪島関の出身の日大相撲部から大相撲の世界に入ったのは輪島関が最初らしいです。

 出世が早かったので、十両に上がったときにはまだ髷が結えなかったらしいです。当時ザンバラ髪の関取の姿は珍しかったらしいです。

<勝つための行動>

 四股とテッポウが稽古の基本ですが、輪島関はジョギングやタイヤ引き、ウサギ跳びなどを積極的に取り入れていたそうです。それには理由があって、輪島関は「黄金の左」と呼ばれた得意の体勢があったそうで、そのタイミングと瞬発力を鍛えるために考え出されたトレーニングだったそうです。

 ただ、先輩からは「本来の稽古をおろそかにしている」などと言われたりしたそうです。

 また、当時まだ高価だったビデオデッキを買って、夜は対戦相手の研究をしていたそうです。

 勝つために自分で考えてオリジナルな行動をする横綱だったことがうかがえます。こうした積み重ねが横綱という地位を築きあげることになったのでしょうね。

 相撲の天才横綱北の湖関がすぐ後に横綱になったため、その陰に隠れがちですが、優勝14回という数字は立派なもので、その背景にはこうした考えられた行動の積み重ねがあったのですね。

<朝青龍関に好意的>

 自身が「夜の帝王」などと呼ばれてマスコミからバッシングを受けたりした経験から、朝青龍関が「モンゴルに帰りすぎだ」とか「飲み屋で騒ぎを起こした」ということでマスコミから受けているバッシングにも同情していたようです。当時の北の湖理事長も間接的にかばっていたということもおっしゃっています。

 「横綱には『自分のペース』というのがあるんですよ」とおっしゃっています。

 以上。

 ↓この本について書きました。

横綱

横綱

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

合掌

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事