スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

散歩について思ったこと

f:id:kusakimuryou:20161001153622p:plain

 私が定期的にチェックしているブログ主の共通点として散歩を日課にしている人が多い。

 特にサラリーマンとして働くことを辞めた人たちにおいて顕著である。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

働いていた頃より歩かなくなった。

 かつて私がサラリーマンをやっていた頃は1日1万歩歩くことを目安としていた。

 通勤往復と昼休みに歩くことでそれほどムリなく1万歩は達成できていた。

 しかし会社を辞めてからめっきり歩かなくなった。

 iPhoneに最初からついている「ヘルスケア」アプリで確認すると1日に1,000歩も歩いていないと思われる日が大半。

 ところが食欲は旺盛。

 昼はラーメンばかり。

 かと言って運動はしない。

 だから太るばかり。

 会社を辞めてから数か月で軽く5,6kgは増えた。

1日1万歩目標で歩くことにした。何とか3日坊主と言える権利は達成。

 よって一念発起して歩くことにした。

 目安は1万歩。

 3日続けることすら怪しい私ではあるが、なんとか3日続いたのでホッとしている。

 つまり3日坊主と言える権利は達成した(3日坊主と言うことすらできないことが今までどれだけあったことか・・・)。

 3日の内1日は途中で雨に降られてずぶ濡れで歩いた。

 傘は家にない(正確には妻の女性モノの傘しかない)。

 邪魔だからさしたくないのだ。

 その日はずぶ濡れでラーメン屋にIN。

 タオルもなく小さなハンカチで髪の毛をふく。

 さぞあやしい客だと思われたことだろう。

 

歩きスマホ

 歩くことを目的として歩くのは苦手だ。

 だから目的をもって歩く。

 例えば夕食の買い物のためにスーパーを目的地として歩くとか、上記のようにラーメンを食べに行くために歩くとかしている。

 目的地が決まってもただ歩いているのも苦手だ。

 景色を眺めながら歩くとかができない。

 昔からできない。

 景色よりも文字を好む。

 よって必然的にスマホを片手に歩くことになる。

 いわゆる「歩きスマホ」だ(真似しないでください。以下同じ)。

 以前は「歩き本」だったのでそれよりは異様ではないと思っている。

 ただ歩きスマホにも難点がある。

 ポケモンGOをやっていると勘違いされているのではないかという気まずさである。

 ポケモンGO誕生以前にはなかった「いい歳してポケモンなんかやって・・・」と思われるリスクが高まっている。

 

そういえば平日昼間に歩くことの変な緊張感がなくなった。

 気まずさと言えば、会社を辞めたばかりの頃は平日昼間に外に出るのも変な緊張感があった。

 平日昼間に買い物に行くと年寄りと主婦っぽい女性ばかりで「この人働いてないのかしら」なんて店員や客から思われているのではないかという変な引け目があった。

 まぁ働いていないのは事実なので全然誤解ではないのだが。

 所詮人は自分のことで精いっぱいで赤の他人のことなど気にしていないと頭では思うのだが、いざ外に出ると周囲が自分を奇異な目で見ているのではないかと勝手に想像していたわけだ。

 何となく引きこもりの方が外に出づらい心境が少しわかった気がした。

 今では気にせず外をふらふらできるようになった。

 赤の他人のことなど気にしないということを頭だけでなく肌でも感じる経験が蓄積したせいだろうか。

 時間の経過と慣れは重要だ。

 おわり。

 

↓つづき

http://kusakimuryou.com/2016/10/30/post-0-97/

読んでいただき、ありがとうございました。

これ↓をクリックしていただけると更新の励みになります。

 にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事