スポンサーリンク
カスペルスキー セキュリティ

「日本のいちばん長い日(1967年版)」を観た。この映画衝撃的すぎる・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

なぜ観ようと思ったか

 録画してあった番組を観終わって、テレビに切り替えるとモノクロの古い映画が流れていた。ちょっと観てどうも第二次大戦の終戦を描いた映画らしいということがわかり、直観的に面白そうと思い、すぐに録画ボタンを押した。

 だから、最初から観ようと思っていたわけではなく、ちょうど映画が始まるところで偶然出会ったという感じ。

 僕はあまり映画を観る方ではなく、映画館には半年に1回行くか行かないかだが、直観的にこの映画は面白そうだと思って観ることにした。

 そしてこの直観は(珍しく?)当たっていた。めちゃめちゃ面白かった。面白いという言葉に語弊があるとすれば、とても興味深く、登場人物の気持ちがびんびん伝わってきたということだ。

映画「日本のいちばん長い日(1967年版)」とは?

 1945年の8月14日~15日の1日を描いた作品で、半藤一利氏原作のノンフィクション書籍を映画化したものである。

 8月15日正午に昭和天皇玉音放送が流れて国民に終戦(敗戦)が伝えられるわけだが、その裏で何が起こっていたのかを描いている。

 わざわざ「1967年版」と書いたのは、最近同名の映画が別の監督・キャストで上映されたらしく(ネットで調べたらそっちの新しい映画に行き当たって「あれ?」となった)、それと区別するためだ。

感想

 一言で言うと衝撃的な映画だった。そしてフィクションだろうと思った。なぜか?あの1945年8月15日の玉音放送の裏で起こっていたことを知らなかったからだ。

 例えばあの玉音放送。私は生放送だと思っていた。勝手に思っていたわけだが。しかし、それは前日に録られていた録音放送だった。まず、これを知らなかった。

 そして、降伏阻止のための陸軍の一部による反乱(青年将校を発端とする)と宮城占拠と関係者の監禁。

 青年将校がクーデターに反対する陸軍幹部を切って殺す。

 玉音放送を阻止するために次々と部屋を荒らしまわり収録テープを探しまわる(結局見つからず)。

 もう戦争は終わりだと上層部はわかっているのに、それを知らない若い特攻隊が玉音放送収録の間に次々と飛んでいく。

 時の首相鈴木貫太郎の私邸は反乱勢力により燃やされる。

 クーデターに失敗した青年将校は銃で頭をぶち抜いて自殺。

 時の陸軍大臣阿南惟幾切腹

 表現力が拙くてそのすさまじさを伝えきれないが、とにかく知らなかったことばかり。なんだこれ。

こんなの聞いてない。知らない。嘘だろ?

 ネットでちょっと調べてみる。半藤氏は映画の原作となる書籍を作るに当たり丹念に取材を重ねたとのこと。事実に限りなく近いのではないかということがわかる。

たぶんホントだ。たまげた。

 一般的には知られていることなのかな?私は受験勉強では日本史を捨てて世界史しか勉強していなかったけど、そもそも日本史の教科書には載っていない気がする。ともかく私の感覚だと知らない人の方が多い気がする。

 ちなみに反乱を起こした青年将校の理屈は、本土決戦になっていないため陸軍は無傷。日本の勝利を信じて散って行った命がたくさんあるのに、陸軍は無傷で降伏なんて許されるわけがないというもの。

 自分たちだけ無傷でちゃんちゃんなんて許されるわけがない。死んでいった者達に顔向けできないという理屈。

 この理屈というか気持ちをわからんでもないと思ってしまう私は危険人物なのだろうか。ただ、勝ち目のない戦を続けて無駄に散っていく人たちを増やすということにはもちろん賛同できない。あくまでも気持ちはわかるという話。

 戦争を始めるのは簡単だけど終わらせるのはものすごく大変というのがよくわかる映画である。

 平和ボケしていたので観てよかった。こんな歴史があって今の日本がある。平和でいられる。それだけで幸せである。

  これ↓をクリックするとブログ村に飛び、僕のブログ村でのランキングが上がるので嬉しいです。

 にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事