【私がカイジが好きな6つの理由】2.言葉遣いや言い回しが独特で面白い

 「ところがどっこい」

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

 はじめに

この記事の前に関連する2つの記事があります。よろしければご覧ください。

【私がカイジが好きな6つの理由】0.読んだきっかけとかカイジの概要とか

【私がカイジが好きな6つの理由】1.ギャンブルの内容自体が面白い(単純だが深い)

 

今日は、私が「カイジ」が好きな2つ目の理由:言葉遣いや言い回しが独特で面白いについて書こうと思います。

ところがどっこい・・夢じゃありません・・!現実です・・!これが現実・・!

皆さん、突然ですが、日常で

「ところがどっこい」

って言葉つかいますか?

私は使いません。

「どっこい」ってつけません

このセリフは、カイジがあるギャンブルの勝負で胴元側から言われたセリフです。

カイジは、あるギャンブルで絶体絶命のピンチとなります。その時にショックのあまり、「嘘だ・・・夢だろ・・・これ・・・夢に決まってる・・・!」とつぶやきます。

そこで胴元側が満面の笑みで冒頭のセリフを吐きます。これはもう、その絵とセットで見てもらった方がものすごくインパクトが強いのですが、

気になる方は「ところがどっこい 一条」とかでググればたぶん出てきます(一条というのはこのセリフを吐いた人物です)

ただでさえ「夢だろ・・」と呆然としている人間に対し、

「ところがどっこい」で

完全否定し、

満面の笑みで

「これが現実!」

と夢の真逆の言葉を

ぶっつける。

こんなひどい仕打ちがありますでしょうか。

それから、このセリフもそうですが、「カイジ」は名詞で締めるいわゆる体言止めのセリフが多い気がします。

例えば今「賭博黙示録カイジ」の1巻を適当にみているとこんなセリフやナレーションがあります。

「この結果は言うなら必然」「その光はさながらカイジらを生き残りへと導く細い綱。天が垂らした救いの糸。

光明・・!勝ちへのタイトロープ・・!」

この体言止めによりセリフに真剣さというか重みというかそんなものが伝わってきます。特に、上記の2つ目は、体言止めでナレーションをつなぐことでより一層重みが加わります。

・・・の多用による心理描写、倒置法などなど

上記のセリフをみてもわかりますが、「カイジ」では、「・・・」が多用されます。これにより、カイジや登場人物の苦悩する様や、胴元側など優位な立場にある者の優越感、何ともいえない空気感などの心の状態が伝わってきます。

その中でも秀逸なのが、

ざわ・・ざわ・・

です。

何か不穏な空気が流れた時にこの「ざわ・・ざわ・・」が背景に描写されます。ものすごくその場の空気感が伝わってくる表現です。

それから、主語と述語を入れ替える倒置法もよく使われている気がします。例えば、

f:id:kusakimuryou:20160702185549p:plain

とかこんな感じです。これは、ルール違反を犯したギャンブルの参加者に黒服の男が言ったセリフです。その違反者はこの後強制的に退場させられるのですが、このセリフはやたら頭に焼き付いて忘れられないです。

こういった倒置法も「カイジ」の話にのめりこんでしまう要素になっています。

おわりに

他にも「カイジ」にはその世界観を表す独特な表現や言い回しがあります。それを全然伝えきれてないなぁというのが正直歯がゆいです。

まぁそれは、読んでからのお楽しみということで。

冒頭で私は「ところがどっこい」なんて普段使わないと言ったのですが、不正確でした。実は、カイジでこの「ところがどっこい」に出会ってから、このセリフにはまり、やたら使いたくなって友達の間でよく使いました。

パチンコに友達と二人で行って二人とも負けて落ち込んだ帰り道に

「ところがどっこい夢じゃありません!現実です!これが現実!」

日曜日の夜7時位になって「あ~明日会社行きたくないなぁ」という時に

「ところがどっこい夢じゃありません!現実です!これが現実!」

ってな感じで使ってると嫌な現実のなかでも笑うことができました。この「ところがどっこい」効果はバカにできません。

そして、日常でも使いたくなるセリフを持ち、感情にも作用する「カイジ」のインパクトってやっぱりすごいなぁと思います。

まだ読んだことがない方で、少しでも「カイジ」に興味を持ってくれたら読んでみることをお勧めします!

次回は、私が「カイジ」が好きな理由の3つ目、「よくここまで考えるなぁと思うくらい登場人物が考えて考えて考えてやり取りする様が面白い」について書きます。

つづき↓↓

【私がカイジが好きな6つの理由】3.よくここまで考えるなぁと思うくらい登場人物が考えて考えて考えてやり取りする
 ピンチはチャンス  はじめに  この記事の前に関連する3つの記事があります。よろしければご覧ください。 【私がカイジが好きな6つ...

このマンガ↓について書きました。

読んでいただきありがとうございました。

合掌

これ↓をクリックするとブログ村に飛び、僕のブログ村でのランキングが上がるので嬉しいです。

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事