【私がカイジが好きな6つの理由】1.ギャンブルの内容自体が面白い(単純だが深い)

 限定ジャンケン

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

 はじめに

この記事は前回の記事の続きです。よろしければ、前回の記事もご覧ください。

【私がカイジが好きな6つの理由】0.読んだきっかけとかカイジの概要とか
 このマンガを読んだきっかけ  もう20年近く前になるが、大学の頃の友人に超マンガ好きな奴がいた(今も時々会う友人だ)。私の性格をよく...

今日は、私が「カイジ」が好きな1つ目の理由:ギャンブルの内容自体が面白い(単純だが深い)について書こうと思います。

 カイジが挑むギャンブルについて

カイジは様々なギャンブルに挑みます。このギャンブルのルールが複雑でなじみのないものだと我々も話にのめりこめないと思いますが、多くの場合ルールは単純でわかりやすいです。

あまり書いてしまうとネタバレになってしまうので、一つだけ例を挙げると、カイジが最初に挑むギャンブルは

カードを使ったジャンケン

です。

それギャンブルなの?

面白いの?

ごもっともな疑問です。でも大丈夫。

安心してください。

面白いですよ。

じゃんけんだったら、我々にとてもなじみがあるし、さすがに知らない人はいないと思います。

通常のじゃんけんであれば、運の要素が大きく、そこに考えや技術が入る余地は少ないです。運でない要素を強いて言えば、相手の癖を知り対応するということでしょうか?

例えば、先日私は幼い子どもとジャンケンをする機会がありました。その子はやたらチョキばかり出してたまにパーを出し、グーは全くと言っていいほど出さないという感じでした。

この場合、私はチョキを出してれば負けることはありません。でもその子は勝つとやたら喜んだので心優しい私は毎回パーを出して負けてあげ、

負けた―!強いなー!

とオーバーリアクションを取っていました。

まぁこの話はどうでもいいのですが、ともかく、このように相手の癖を知れば、じゃんけんに勝つ確率は上げられます。

ただ、カイジで展開されるジャンケンがこれだけだったら私は途中で「つまんねー」となっていたでしょう。

ということは、カイジの挑むジャンケンギャンブルで勝つ要素、運を排除する要素はこれだけではないのです。

まさにそこがみそです。

ポイントです。

じゃんけん自体は単純で誰でも知っているものです。だから、カイジの挑むジャンケンギャンブルも単純で深みがないかというと、これが単純ながら深みがあるのです。

 カイジの挑むジャンケンギャンブルに深みがある2つの理由①様々な限定された状況(ルール)下でのジャンケン

なぜ深みがあるかというと2つの要素があります。

1つ目は、様々な限定された状況(ルール)下でのジャンケンということです。

限定事項(ルール)の例を少しあげると、以下の通りです。

・配られるカードはグー、チョキ、パー各4枚であり、無制限にグー、チョキ、パー

を出せるわけではない。

・一度ジャンケンに使用したカードは破棄される。

・これらのジャンケンカードは使い切らなければならない。

・制限時間は4時間。

・各自に最初に☆が3つ与えられ、ジャンケンの勝ち負けでこの☆をやり取りする。

・☆が0になったら強制退場で負け確定。

・制限時間内にカードを全て使い切り、その時点で☆が3つ残っていれば勝ち。

・ジャンケンカードの総枚数は電光掲示板にリアルタイムで表示。

このような状況下でジャンケンをします。

これらの条件の下でカイジたちはジャンケンギャンブルに挑むのですが、これらの要素が単純なジャンケンを深みのある思考のゲームに高めます。

カイジの挑むジャンケンギャンブルに深みがある2つの理由②ギャンブルの主催者側がルールについて多くを語らない

 2つ目は、ギャンブルの主催者側がルールについて多くを語らないということです。

 上記のような最低限の破ってはいけないルールは示されるわけですが、あえて親切にこれはOKとかこれはNGというような細かな例示はほとんどせず、質問も一切受け付けません。

これについては、ネタバレも含んでしまうので多くは語れませんが、我々が暗黙的にダメだと決めつけていたり、常識的にそれはなしだろうとかって思っていることが、実は許されていたりします。

この、

それありなのかい!

的な要素が面白い!

このジャンケンギャンブルについて深く考えた者が、このギャンブルから運の要素を排除し、勝ちあがっていくわけです。

おわりに

こういった状況下で行うジャンケンギャンブルが考えて考えて計算して計算して騙して騙されてみたいなドラマを生み出します。

今回は、私が「カイジ」が好きな理由の1つ目、「ギャンブルの内容自体が面白い(わかりやすい)」についてご紹介しました。

まだ読んだことがない方で、少しでも「カイジ」に興味を持ってくれたら読んでみることをお勧めします!

次回は、私が「カイジ」が好きな理由の2つ目、「言葉遣いや言い回しが独特で面白い」について書きます。

↓つづき

【私がカイジが好きな6つの理由】2.言葉遣いや言い回しが独特で面白い
 「ところがどっこい」  はじめに この記事の前に関連する2つの記事があります。よろしければご覧ください。 【私がカイジが好きな6...

このマンガ↓について書きました。

読んでいただきありがとうございました。

合掌

これ↓をクリックするとブログ村に飛び、僕のブログ村でのランキングが上がるので嬉しいです。

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事