親知らず抜いたら食事が大変だったので書く。

 

 前回、親知らず抜歯からの楽勝タイムが終了し、痛くて布団にもぐりこんだことなどを書きました。

下の親知らずを抜いてきたので書いてみる。
親知らずを名医に抜いてもらったら5分位であっけなく終了したということを書いた記事。

 実は歯医者に行くまでの間においしいパン屋さんがあります。親知らず抜いて麻酔が効いていてうぇーい状態の私は、親知らずの時の食事の不自由さなど忘れて、そのお店でパンを買って家に帰ったら食べようと思ってました。

 しかし、うぇーいタイムはやがて終了し、飯もろくに食えんということに気づきました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

口の奥がずきずきして食べるのがつらい。でもパン食べたい。

ネットで調べると抜歯直後はヨーグルトとかかまずに食べられるもんがいいというアドバイスが大半でした。

 余計なもんを食べて出血したり痛みがひどくなってしまったら大変だ。ということで、ヨーグルトを買ってきました。これを小鳥がくちばしでえさをついばむようなおちょぼ口で少しずつ食べます。

 たしかにヨーグルトなら問題ない。しかし、目の前においしいパンがあります。ネットで「親知らず抜歯後 パン」で調べるとパンがお勧め!などという記事はもちろん皆無。しかーし、スープに浸して柔らかくして食べるという情報が!これだ!と思い、コーンポタージュとオニオングラタンスープを買ってきました。

 ほんとだったら買ってきたパンをそのまま食べたいのですが、出血は怖いし痛いのもいやです。かといってそのパンは保存料も入っていないので今日中に食べなければゴミ箱行きです。ということでやむを得ず味のついたパンをスープに浸して柔らかくして食べる作戦にしました。そこまでして食べるか!何という食欲!

 結局1時間位かけてなんとかパン2つを食べきりました。

 ちなみに夜はおかゆを食べました。おかゆでさえ食べるのは結構大変でした。片方の歯だけでかんで飲み込むのは想像以上に大変です。

 豆知識的なこと

 ところで、親知らず抜歯後はぽっかり空いた穴の部分を血餅(けっぺい)っていうのが覆ってくれるらしいです。血餅っていうのは傷口にできるかさぶたのような役割のようです(下図)

 んで、この血餅が取れてしまって、穴の開いたままさらされてしまうと、「ドライソケット」っていう状態になって痛みが続いたりひどくなってしまったりするそうです。そんなのはごめんです。

ドライソケット – Wikipedia

 抜歯当日夜を迎え、そろそろ痛み止めが切れるころだが・・・

あと30分くらいで痛み止めを飲んで6時間位経つ。6時間空ければ痛み止めを飲んでいいルール。昼間は5時間経過くらいで痛み出したけど、今5時間30分経過したけど結構大丈夫。

痛みのピークは過ぎたのかもしれない。でもうぇーいは禁物なので痛み止めは飲んでおくことにする。

明日は歯医者に行って消毒。このまま大した変化がなければおわり。変化があればまた書く。

 読んでいただきありがとうございました。

 合掌

これ↓をクリックするとブログ村に飛び、僕のブログ村でのランキングが上がるので嬉しいです。

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする

グーグル提供の関連コンテンツ
関連記事